肉割れの症状は?痛い?痒い?

肉割れには基本的に目立った症状はありません。ですので、中学生高校生の時にできたもなのに大人になって初めて気づくということも多いです。

しかし、時々ではありますが、肉割れにかゆみや痛みがあることがあります。特に肉割れができる前やできた直後に症状がでやすくなります。

これは、肉割れそのものが症状を出しているのではなく肉割れの原因が関係しています。

例えば、肉割れの原因の一つとして「乾燥」がありますが、肌が乾燥状態になるとかゆみが出ます。中学生や高校生は大人ほど肌は乾燥しませんが、やはり中にはひどい乾燥タイプの方もいると思いますのでそういった場合に「かゆみ」を感じる方がいます。

痛みについては、成長によって骨や筋肉が発達するときに出やすい症状です。肉割れも成長によってできやすくなるため、「肉割れが痛い!」と感じてしまうことがあります。

あとは、お尻や太ももの付け根は汗がたまりやすいので、あせもなどの湿疹と一緒に肉割れができた場合、かきむしったりなどして痛みが出ることもあります。

特にお尻や太ももの裏側は見えにくい場所ですので、肉割れができていても気づかずかきむしってしまい悪化してしまうこともあります。

肉割れは初期のケアがとても大切です。もしかゆみや痛みが出ても触ったりせず、オイルやクリームで保湿することを徹底してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です